ART BATTLE ROYALEⅡ〜第二次藝術大戦〜

ムカイヤマ達也が参戦したアートバトルロワイヤル2 参戦しました!

ART BATTLE ROYALEⅡ〜第二次藝術大戦〜ムカイヤマ達也が参戦したアートバトルロワイヤル2

                                ムカイヤマ製作の絵画を切り裂く木村奈緒。  撮影:斉藤 有吾​     【開催概要】 日程:2015年2月7日(土) 時間:17〜21時 会場:namGallery 京王線【笹塚】駅徒歩7分 京王線【代田橋】駅徒歩5分 料金:1000円(1ドリンク込み) 予約:不要 「若手美術フリーターがお届けする、芸術の大戦アートバトル・ロワイヤルⅡ」 世間では「頭が良い」とされる大学を出たものの、勉強が出来るだけでは何の役にも立たないことを痛感している花房太一(慶応SFC卒)と木村奈緒(上智新聞卒)が、同じく社会の役に立っているのか分からないが、作品制作に命を賭ける総勢10名の作家を引き連れて「アートのフリースタイルラップバトル」を開催。勝敗は観客の拍手で決定!緊迫の芸術戦線を見逃すな! 【出演者】 ジャッジ:JOYCE(BOMBRAI) 将軍:花房太一、木村奈緒 芸術家: 〈花房軍〉 飯山由貴、高田冬彦、東山詩織、林千歩、蔭山忠臣 〈木村軍〉 酒井貴史、佐藤翔、ムカイヤマ達也、新名康生、渡辺篤 【ルール説明】 ◎作家は5人ずつ、チーム花房とチーム木村に分かれて対決。 ◎対決はプレゼンとクロストークで構成される。 ◎プレゼン持ち時間は1作家10分。 ◎プレゼンスタイルは自由! ◎10分ずつのプレゼン後、20分のクロストーク(全員で話す。観客の乱入もアリ!) ◎勝敗は観客の拍手で決定。 ◎基本的には何でもアリだが、全ての最終的な判断は審判JOYCEによって下される。   プロデュース:斉藤有吾 企画:花房太一 協力:nam Gallery、岡田聡 【開催趣旨】 2010年、遠藤一郎、カオスラウンジ、0000など当時突然の如く出現した7つのアートグループを集めて、トーキョーワンダーサイト本郷にて、ギャラリーMAGIC ROOM???のオーナー岡田聡氏の企画展が行われた。その際のタイトルがART BATTLE ROYALE〜オルタナティブなアートの地平を求めて〜(以下ABR)である。ABRは展示だけでなく、当時始まったばかりのサービスUstreamを使用して、毎週ガチンコのトークバトルが行われた。(今回の企画者の花房太一は、このトークに司会者として毎回参加した。)最終的には、村上隆氏まで参加したムーブメントとなった。 あれから4年、3.11を機にアートを巡る環境もまた変わらざるを得なかった。しかし、ABRの精神は激変にさらされる今こそ再確認されてよい。エンターテインメントとガチンコが共存する場を作るために、ABRⅡとして復活することになった。
今回は、ABRから内容を変更し、花房太一と木村奈緒が各々の推薦作家5名を紹介しながら対決するスタイルに変更した。新たな地平を開くために、血の流れない大戦がいま始まる。   ※参考ウェブ・サイト ART BATTLE ROYALE magicroom-tokyo.com/abr/ 村上隆VS若手 “ABR vs GEISAI” www.nicovideo.jp/watch/sm11689024