プロジェクト絵画と嘘の積分

ムカイヤマ達也 個展

『プロジェクト絵画と嘘の積分』

ムカイヤマ達也の絵画「プロジェクト絵画と嘘の積分」01

installation_view

◎会期:2017年3月24日(金)〜4月23日(日)
金・土・日・祝のみオープン
12:00〜19:00

4月7,8日 休廊
4月9日(日)は15:00〜17:00

◎会場 : awai art center
長野県松本市深志3-2-1
JR松本駅から徒歩9分

 

 

◎トークイベント
4月22日 17:00~
トーク後は簡単なパーティを行います。どなたでもお気軽にどうぞ。
ゲスト:木内真由美(長野県立信濃美術館 主任 学芸員 )

ムカイヤマ達也の絵画「プロジェクト絵画と嘘の積分」02


◯安直な二元論に留まってしまう危険性を回避するための身体技術として、ブルーノ•ラトゥール、エリー•デューリングが言うところのプロジェクトとしてのオブジェクトの可能性についての実験◯絵画が物質として集積している様子をモチーフとした絵画作品と、それら個々の絵画自体のヴーチャルな運動の様子をモチーフとした絵画作品によって構成◯身体的経験による要素とヴァーチャルな要素をネットワーク化した装置◯個々の絵画は、[自然発生的な衝動]とも[作家の無意識]とも称される身体性を露に感得できる筆のストローク(実際には筆ではなく左官のコテやベニヤ板)と、その身体ストローク達を抑制•切断する道具としてのマスキングテープ、によって制作される。またそうした作品を「プロジェクト絵画」と名付けた。


Tatsuya Mukaiyama solo exhibition

‘Project painting and integral calculus of fabrications’

date:
2017.3.24(Fri.) – 4.23(Sun.)
12:00-19:00

venue:
awai art center
3-2-1, Fukashi, Matsumoto-shi, Nagano, 390-0815, Japan
9 minutes’ walk from Matsumoto Station.

panel session:
Apr.22 17:00-
guest: Mayumi Kinouchi, Chief curator of Nagano prefectural Shimano art museum


◎展示会場にて書籍販売をします。
「絵画検討会2016-記録と考察、はじめの発言」
(2017年3月 よりアートダイバー社より全国発売)

2016年夏にTURNER GALLERYで開催した展覧会「絵画検討会2016」の図録であり、「絵画検討会 第2ラウンド」である1冊。

ムカイヤマ達也の書籍「絵画検討会」

[出品作家]
TYM344、高田マル、林香苗武、ムカイヤマ達也、本山ゆかり

[寄稿ほか]
石山律、内田百合香、浦野玄馬、黒瀬陽平、沢山遼、gnck、Taxxaka、千葉成夫、土屋誠一、都築潤、野田尚稔、平間貴大