「プロジェクト絵画と嘘の積分」インスタレーションビュー

ムカイヤマ達也のawai art centerでの展示01

プロジェクト絵画と嘘の積分』

awai art center (松本)
2017年3月24日(金)〜4月23日(日)

‘Project painting and integral calculus of fabrications’

date:
2017.3.24(Fri.) – 4.23(Sun.)
12:00-19:00

venue:
awai art center

 

*English follows Japanese
まずはじめにプロジェクト(計画)を作る。

そのプロジェクトの枠組みの中に留まり続けるか、逸脱しようと抗うか、の行為の往復を行う。

プロジェクトの内容は以下のとおり。

– PC内にて –

(1) ドローイングを元に、凡そ28ピースの絵画から構成される本展インスタレーションの設計図を3D-CADソフトで作成する。
(2) 各絵画には「カット1」〜「カット28」までのタイトルが付けられている。
(3) 「カット1」を捕らえるための専用カメラ「カメラ1」が設定されており、同様に「カット28-カメラ28」までの組み合わせが存在する。全てのカメラは、1度だけシャッターを切る。そのタイミングは後述。
(4) CAD内には重力が存在する。もし何もなかったら絵画は落下してしまうが、各絵画は支え紐によって支え合っている。
(5) CAD内の紐を一斉に切る。CAD内の全ての絵画が重力に従い落下する。
(重力加速度は実際の9.8m/s2の3分の1程度の強さに設定しているので、落下の振る舞いはスローモーションのよう。)
(6) 各カメラは自分が担当している絵画の振る舞いを追い続ける。
(7) 各カメラは、10フレーム毎(1秒=30フレーム設定)にシャッターを切られる
カメラ1: 紐が切れる瞬間  00秒00
カメラ2: 10フレーム目  00秒33
カメラ3: 20フレーム目  00秒66
カメラ4: 30フレーム目  01秒00
・・・・
以下、同様にカメラ28まで続く。
落下している絵画とそれを追うカメラ。
カメラ番号が小さい順にシャッターを切るので、番号が大きくなるにつれて、各絵画の位置は地面に近づいていくことになる。

– 絵画制作アトリエにて –

(8) ここまでの工程によって得られた28枚の写真をモチーフに28枚の絵画を作成する。

– ギャラリーにて –

(9) 28枚の絵画によって、工程(1)で作成した設計図通りの配置のインスタレーションを作成する。
(10) カメラ1によって得られた写真からつくられた絵画=「カット1」は、 CAD上で「カット1」が存在していた位置に配置される。同様にカット28まで繰り返す。


First the plan.
I struggle to decide whether to stay within the confines of my original framework or whether to deviate from them.

The procedure is as follows:

– On the Computer-

1.First I made a 3D design of the installation that is constructed using 28 different paintings based on the concept I had in mind.
2.Next the naming of each painting from ‘Cut-1’ to ‘Cut-28’.
3.A camera is then set to capture each Cut- ie Camera-1 is set to capture Cut-1, Camera-2 is set to capture Cut-2 and so on. Each camera will only take 1 picture. The timings are discussed below.
4. As gravity exist in the CAD, if there is nothing to support the pictures, they would drop.
Each picture is supported by a string whilst at the same time being supported by the other paintings.
5. After cutting the strings in the CAD simulation, the painting will fall under the force of gravity.
As the strength of gravity acceleration has been set to 1/3 of its original strength, it will seem like the paintings are falling in slow-motion.
6. Each camera then follows the paintings in free fall
7.A photo is then taken every 10 frames.
These timings are below.
Camera 1, the moment when the string cuts 00:00
Camera 2, 10th frame , 00.33 sec
Camera 3, 20th frame , 00.66 sec
Camera 4, 30th frame , 01.00 sec
This continues up to Camera 28.

Cameras 1-28 take pictures in ascending order so as the number increases we are able to see the paintings approach the ground.

– In my studio –

8. I made 28 paintings with the 28 photos that were taken in the above process.

– In the gallery –

9. Finally, I made the installation in accordance with the design from step 1 using the 28 paintings with all the pieces supporting each other.
10. I set painting ‘Cut 1’ on the position of ‘Cut 1’ in CAD, and repeat the same work up to ‘Cut 28’.