戦争と未来

戦争と未来

シンポジウム「戦争と未来」

2011年3月11日に発生した東日本大震災は日本人にどのような価値観の転換を与えたのか。
そんな中で文化活動はどんな役割を担えるのかを模索するシンポジウムを行った。ゲストの北原氏は価値観の抑圧された第二次世界大戦中にどんな未来を見ていたのか、その同じ目は東日本大震災をどのように捉えたのか、お話をうかがい意見交換を行った。

・震災直後に南三陸町でボランティア活動を行い、被災された現地の方々へのインタビュー取材を行ったムカイヤマの成果報告。
・戦争前後で劇的に変化したであろう日本人の価値観。その当時の世相から現代人が学べることは多い。
北原氏の実体験を踏まえ、戦争と芸術の両面から震災後の未来に向け我々はどうあるべきかを考えた。

ゲスト:北原由夫 氏
元江戸川短期大学学長。
日本文学の教育への功績により文化勲章授章。
第二次世界大戦を少年兵として体験。文科省内外学生センター理事。

[会場]代官山スペースM
[会期]2011年6月21日

 

War and Future

The question arose such as how the Great East Japan Earthquake brought the value shift to the Japanese. This was the panel discussion where the participants and audiences probed what role the cultural activities could take. What future did the people saw during the age of war when the social value was suppressed and how did the same eyes perceived the disaster from the earthquake, were the focus of the discussion having invited the war-experienced educator Mr.Kitahara, and exchanged the opinions.

Guest: Yoshio Kitahara
Experienced World War II as a child soldier. Held positions at the Executive board member of  the Center for Domestic and Foreign Students at the Ministry of Education, Culture, Sports, Science & Technology, the principal at Edogawa Junior College, and honored the Order of Cultural Merit from the educational contribution to Japanese literature. Poet.

[site]Space M, Daikanyama
[period]06/21/2011