ムカイヤマ 達也 高遠エフェクト ワークショップ

ワークショップ「美術展づくりをロールプレイ」

◇開催日時:2015年6月21日 13:00〜15:00

◇場所:信州高遠美術館 「高遠エフェクト」展 内

◇講師:ムカイヤマ達也

 

「もしあなたが、この展覧会の8人目のアーティストだとしたら・・・」

というロール(役割)を演じ(プレイング)ながら
「どんな作品を作るか」
「どんな展覧会タイトルをつけるか」
を思考の目標地点としながら展覧会全体を鑑賞してもらう、思考型のワークショップを行った。

鑑賞法には「対話型鑑賞(visual thinking strategies) 」を取り入れた。

<対話型鑑賞>
1980年代にニューヨーク近代美術館(MoMA)で開発された鑑賞教育プログラムで、美術鑑賞の目を養うだけでなく、日常生活における思考能力•対話能力の向上も期待される鑑賞法。

IMG_0017

 参加者には
「作品ではどんなことが起こっているか?」
「どんな風につくられているか?」
「どんな事を連想するか?」

「それを思う根拠はどこにあるか?」

などを書き込む事ができるワークシートを配布した。

IMG_0039

グループ毎に美術館内を巡りながら、自分の考えをワークシートに書き込む。

IMG_0047

(鑑賞者の発言をホワイトボードに書き留めていくムカイヤマ)

考えを書き込むだけでなく積極的に「発言」もするよう促す。
自分の考えだけでなく、人の考えを聞く事によって新たな視点が生まれ、またインプットとアウトプットを繰り返すことによって、各々の「見ること」が深く広くなっていく。

IMG_0060

初めは消極的だった鑑賞者も、ワークショップ後半になると自ら積極的に発言を繰り返し、作品内の新しい解釈を次々に発見するようになった。
これらの発言の中には、アーティスト自身も気づいていなかった視点も多く含まれていた。

IMG_0065

ワークショップの締めくくりには、対話型鑑賞の体験を元に

「もしあなたが、この展覧会の8人目のアーティストだとしたら・・・」

「どんな作品を作るか」

「どんな展覧会タイトルをつけるか」

を発表し合った。

美術を通して「能動的に見る」体験を提供できたかもしれません。
今後の「見ること」「考えること」に役立てていただけたら嬉しいです。